日曜社会学 - ルーマン・フォーラム / エスノメソドロジー番外地

Sunday sociology - Luhmann Forum / Ethnomethodology: on the edge of nowhere
20180413 作成|20180416 更新

小谷英生 単著執筆準備作業進捗報告会

趣旨

著者について

著作の課題とスケジュール概要

作業タイトル

著作の課題

著作の構成案

    扱われる思想家など
はじめに 6000字 ヘーゲル他
ドイツ通俗哲学からカントへ 15000字 多数
ドイツ通俗哲学の誕生 25000字 エルネスティ、ニコライ、ズルツァー、ヘルダー、アプト
センスス・コムニスについて 10000字 アリストテレス、キケロー、ヴィーコ、シャフツベリー、スコットランド・コモンセンス学派、アーレント他
ドイツにおける〈健全な理性〉の展開 25000字 マイアー、バゼドウ、イーゼリン、ロシウス
カントとメンデルスゾーン 15000字 メンデルスゾーン、カント
〈健全な理性〉の不安 15000字 テーテンス、カント
カントによる〈健全な理性〉の批判 15000字 カント
『判断力批判』におけるセンスス・コムニス論 15000字 カント、アーレント
アンチ・カント、カント学派、
あるいはドイツ通俗哲学の終焉
15000字 アンチ・カント、ラインホルト、シュレーゲル、フィヒテ
10 おわりに 6000字 ガルヴェ、ゲーテ
11 付録 先行研究について 6000字  
補足
ページ上部へ

スケジュールと報告会の概要

参加資格と参加申込

参加資格

参加申込

  記載事項 注記
 1  氏名 漢字+フリガナ
 2  Googleアカウントに登録しているメールアドレス  お持ちでない方は、こちらから作成してください:Google アカウントの作成
 3  所属と専攻*  * 研究者以外の方は関心のある分野、バックグラウンドなどを記してください。
 4  自己紹介  研究関心などをお書きください。
ページ上部へ