日曜社会学 - ルーマン・フォーラム / エスノメソドロジー番外地

Sunday sociology - Luhmann Forum / Ethnomethodology: on the edge of nowhere
20180302 作成|20180307 更新

「イアン・ハッキングの歴史的存在論から 概念分析の社会学エスノメソドロジーへ」講義準備作業 進捗報告会(2018年)

趣旨 作業課題 報告会概要 参加資格と参加申込 検討候補文献
イアン・ハッキング『何が社会的に構成されるのか』 イアン・ハッキング『歴史的存在論』
酒井・浦野・前田・中村編『概念分析の社会学』(ナカニシヤ出版、2009年4月刊行) 酒井・浦野・前田・中村・小宮編『概念分析の社会学2』(ナカニシヤ出版、2016年4月刊行)

趣旨

* このシンポジウムは、エスノメソドロジー研究の論文集『概念分析の社会学2』の刊行準備として開催されました。論文集は2016年4月にナカニシヤ出版から刊行されています。

作業課題とスケジュール概要

作業タイトル

講義構想

報告会概要

参加資格と参加申込

参加資格

参加申込

  記載事項 注記
 1  氏名 漢字+フリガナ
 2  Googleアカウントに登録しているメールアドレス  お持ちでない方は、こちらから作成してください:
Google アカウントの作成
 3  所属と専攻*  * 研究者以外の方は関心のある分野、バックグラウンドなどを記してください。
 4  自己紹介  研究関心などをお書きください。
ページ上部へ

検討候補文献

ページ上部へ