日曜社会学 - ルーマン・フォーラム / エスノメソドロジー番外地

Sunday sociology - Luhmann Forum / Ethnomethodology: on the edge of nowhere

パートのお仕事 ─ 20世紀社会学史講義

作成:20131105|最終更新:20170711
  1. 講義内容の概略
  2. 2018年度以降の講師依頼について
  3. 外部者の聴講について

このページは、酒井が2014年秋から開始した非常勤講師(社会学史)の お仕事について紹介するものです。

1. これまでにおこなった講義内容の概略

2014年秋講義: 現代の社会学

2014年秋講義:概要

  本講義では「行動科学と人間のモデル」をサブタイトルとして、主として20世紀前半の社会学の歴史をあつかう。
  しばしば「現在の社会学は多様だ」と言われるが、それらが基づいているもの・批判しているものの方は それほど多様ではなく、その主要部分は20世紀中葉の北米で創出されたものである。本講義では、三つの主題(小集団、広告と選挙、組織)に絞った研究紹介を行うが、これらの研究主題は、 ものである。この不思議な事態の把握は学生諸氏による今後の自主学習に見通しを与えてくれるはずである。

学習目標

2014年度講義のメニュー
オリエンテーション
小集団の研究 工場における小集団の研究(人間関係論)、クルト・レヴィン、ジョージ・ホーマンズ
広告と投票の研究 広告の受け手における小集団の研究(ポール・ラザーズフェルド)
組織の研究 官僚制と企業組織における小集団の研究(マートン学派のマックス・ウェーバー批判)
講義の回顧

2015年度講義: 行動科学とアメリカ社会学

メニュー
導入: 社会学とはなんだったのか1 社会学はどう見られてきたか
行動科学運動の勃興と顛末 アメリカ国立科学財団計画とフォード財団行動科学プログラム
行動科学前史①工場の研究 ウォーナー 〔ハーバード大学→シカゴ大学〕
行動科学前史②選挙とマスコミの研究 ラザーズフェルド 〔コロンビア大学〕
行動科学前史③組織の研究 マートン学派 〔コロンビア大学〕
総括: 社会学とはなんだったのか2 社会学はどうなってしまったのか

2017年度講義: ロバート・マートンと20世紀アメリカ社会学

講義概要

学習目標

|↑top

2. 2018年度以降の講師依頼について

当初依頼を受けた2014年度秋学期の講義は 前任者の異動にともなう一度限りのものであり、いまのところ2015年度以降の講義予定はありません。 下記の条件のもとであれば講義依頼をお引き受けでき(る場合があり)ます。

お引き受けできる条件

通常の講義の場合
講義開始時間が 18:30 以降であり、かつ、講義地が 開始時間までに辿り着ける場所にあること。基本的には山手線の内側および周辺。
半期に一件まで。
複数お話をいただいた場合、都心からより近い講義地を優先します。
集中講義の場合
夏期・冬期に それぞれ一件まで。
複数お話をいただいた場合、近隣に温泉観光地等がある講義地を優先します。

講義内容について

依頼状況/過去の講義記録

上半期 下半期 夏期集中講義 冬期集中講義 その他
2018年度  {内諾済}
2017年度 - {東京都港区}
「ロバート・マートンと20世紀アメリカ社会学」
月曜6限
(18:25-19:55)
- 環境理工学群セミナー
「理工学のフロンティア」
講演「技術の社会学」 2017年5月27日
(於 高知工科大学)
2016年度 - - - - -
2015年度 - 東京大学情報学環
「社会情報学基礎」
木曜6限
(北田暁大さんとの
共同講義)
- - 2016年3月
組織エスノグラフィ研究会 講演
「組織を研究するとは何をすることなのか」
(於 新潟大学)
2014年度 - 明治学院大学社会学部
「現代の社会学」
金曜6限
- - 2014年11月・12月
朝日カルチャーセンター新宿
講義「独学者のための社会学入門」
|↑top

3. 外部者の聴講について

歓迎しません。 事前にお申し込みいただいた方にのみ ひっそりと認めます。受講を希望される方は、事前に 下記項目を記したメールを 宛に お送りください。

  記載事項  
 1   氏名 漢字+フリガナ
 2   メールアドレス  Google Groups に登録してよいメールアカウント。
 3   所属 
 4   自己紹介  研究領域、関心領域など。(※この内容は、講義ML参加者に共有されます)

講義に関する連絡は、講義参加者のための「現代の社会学メーリングリスト」にて行ないます。このMLは、連絡だけでなく、受講者同士のディスカッションのためにも利用する予定です。

※画像出典: The Human Relations Movement – Harvard Business School Baker Library.
|↑top