20150604 作成|20150805 更新

ドナルド・A. ショーン 著『省察的実践とは何か─プロフェッショナルの行為と思考』読書会
Donald A. Schon, The Reflective Practitioner: How Professionals Think In Action

開催趣旨 読書会概要 参加申込 目次と日程 参考文献

開催趣旨

 ドナルド・A・ショーンは『省察的実践とは何か』(1983)において、既存の科学的知識・技術を実践に適用する「技術的合理性」モデルにもとづく従来の専門職像に対し、自身の行為を省察し実践を通して知識を生成する「省察的実践者」という新しい専門職像を提示しました。特に第2部では、建築家精神分析家都市プランナーといった専門職者の実践の事例研究を通して、専門職者たちによる「行為の中の省察」について考察しています。

 日本では佐藤学・秋田喜代美訳(『専門家の知恵─反省的実践家は行為しながら考える』、2001)の出版もあり、この「省察的実践者」の概念が主に授業場面における教師の技術に関する研究や教師教育の分野で援用されてきました。しかしそこでは、「技術的熟達者」から「省察的実践者」への教職専門性の転換という単純な図式だけが一人歩きし、この図式を授業実践の改革に適用するという論調が目立つことはあっても、ショーンが目指したはずの具体的な実践に学ぶというアプローチや、そのようなアプローチによって示された多様で具体的な実践の分析内容に注目が集まることはなかったように見えます。

 そこでこの読書会では、広く「社会的行為の記述・分析」に関心をお持ちの皆さんにお集まりいただき、 を目的にしたいと思います。

 読書会の主催者は教育関連分野の研究者ではありますが、教育だけでなく、様々なバックグラウンドをお持ちの方にご参加いただけることを期待しています。(布川・澤田)

概要

↑top

参加申込

2015.8.4 参加者募集を締めきりました。

目次と日程

※対象書籍は各自持参をお願いします。
    章タイトル トピック 開催日 頁数
第1部 専門的知識と行為の中の省察 01章 専門的知識に対する信頼の危機 1950-80年代におけるアメリカ社会の専門職の役割の変遷 第1回 7月22日 78
02章 技術的合理性から行為の中の省察へ 専門職教育の歴史的前提
第2部 プロフェッショナルによる
行為の中の省察
―いくつかの文脈
03章 状況との省察的な対話としての建築デザイン 建築専門職教育における教師 - 学生 第2回 8月05日 65
04章 精神療法―固有の宇宙をもつ患者 精神医学における専門職教育
05章 行為の中の省察の構造 ★中間考察 第3回 8月26日 69
06章 科学に基礎を置く専門的職業の省察的実践 工学:学生の協働プロジェクト、 トランジスタ開発、 エンジニアのライフヒストリー
07章 都市計画―行為の中の省察を制約するもの 建築計画をめぐる 都市計画専門家 - 開発業者 第4回 9月16日 85
08章 マネジメントの〈わざ〉
―組織学習システム内のでの行為の中の省察
ビジネス・スクールのカリキュラム
スリーエム社の商品開発、工場、製品開発
09章 行為の中の省察の類型と制約
―職権を超えて共通するものに注目して
★中間考察
第3部 結論 10章 専門的職業の意味と社会における位置づけ ★まとめ 第5回 9月30日 67
↑top

参考文献

日本における普及

佐藤 学

秋田喜代美

ショーンの思想的バックグラウンド

ご参考