socio-logic.jp

20220630 作成|20231222 更新

ジェシー・シェル『ゲームデザインバイブル:おもしろさを飛躍的に向上させる113の「レンズ」』

開催趣旨 読書会概要 参加申込 目次と日程 参考資料 主催
「ゲーム研究読書会」では、日本語で読める現代ゲーム研究の著作を、ゲーム開発者、研究者、プレイヤーなど、様々なバックグラウンドを持つ皆さんと読んでいます。2017年7月に開始し、これまでに下記の本を取り上げました。
  1. [2017年07月~09月] イェスパー・ユール(2005→2016)『ハーフリアル』読書会
  2. [2018年01月~03月] イェスパー・ユール(2013→2015)『しかめっ面にさせるゲームは成功する』
  3. [2018年11月~2019年07月] 中川大地(2016)『現代ゲーム全史 ─ 文明の遊戯史観から』
  4. [2019年10月~2020年12月] 松永伸司(2018)『ビデオゲームの美学』
  5. [2021年05月~2022年07月] セリア・ホデント(2017→2019)『ゲーマーズブレイン─UXと神経科学におけるゲームデザインの原則』
  6. [2022年10月~2023年06月] 川﨑寧生(2022)『日本の「ゲームセンター」史:娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ』
 ビデオゲームだけでなく、AI研究、認知科学、計算機史・社会科学史、UXデザイン、社会実験、美学・哲学、文学理論、映画学…など、多様な関心・バックグラウンドをお持ちの方のご参加を歓迎します。読書会の参加申込み手続きについては、「参加申込」の項を御覧ください。
シェア

ジェシー・シェル『ゲームデザインバイブル:おもしろさを飛躍的に向上させる113の「レンズ」』読書会(2024年2月~)

ジェシー・シェル『ゲームデザインバイブル』

主催者から

 これまで、このゲーム研究読書会では、UXデザインや美学、ゲームの歴史、あるいはアーケードゲーム産業など特定の業態に特化したテーマの書籍を扱ってきました。今回は、意外とこれまでテーマにしてこなかったゲームデザインそのものにフォーカスした『ゲームデザインバイブル[第2版]』を皆さんと読んでいきたいと思います。

 本書はゲーム開発者の育成の場や社員教育などでも参考資料にされてきた本ということで、今期はぜひゲーム開発に携わっている多くの方にご参加いただければと思いますが、これまでと引き続き多様なバックグラウンドを持つ方の参加をお待ちしています。 心が動かされるゲームや、時間を忘れて遊んでしまうようなゲームに出会うと、「これはどういう仕組みで作られているのだろう?」と、ゲームデザインや開発に関心が向くことがあると思います。その好奇心こそが、ゲームプレイヤーからゲーム開発者に向かう第一歩になるのではないでしょうか。

 第1章では、ゲーム開発者にとって最も重要なスキルとして「聞くこと」を挙げています。詳細は読書会当日に預けますが、これはとりもなおさず人間やその心の動きに対する深い洞察が求められることを示唆しています。今回の読書会もまた、活発なディスカッションによって、参加される皆さんそれぞれの考察がより豊かなものになればと願っています。 (高橋ミレイ)

※『ゲームデザインバイブル[第2版]』は700ページを超えるため、まずは11章まで読んでいきます。第7期終盤に皆さんにお伺いしてご希望があれば12章以降も計画しましょう。

読書会概要

参加申込

参加資格

参加申込

目次・日程・担当

  開催日 章タイトル 頁数 担当者 トピック
第01回 2024.02.14 01章 始めにゲームデザイナーありき:P1〜P12
02章 ゲームデザイナーは体験を創り出す:P13〜P32
  高橋ミレイ(CuePoint/編集者)  
第02回 2024.03.13 03章 体験はプレイ環境で起こる:P33〜P43
04章 体験はゲームから生まれる:P45〜P66
  酒井泰斗(会社員/行動科学史)  
第03回 2024.04.10 05章 ゲームを構成する要素:P69〜P78
06章 構成要素がテーマを支える:P81〜P96
   
第04回 2024.05.08 07章 ゲームはアイデアから始まる:P97〜P122    
第05回 2024.06.12 08章 ゲームはイテレーションで向上する:P123〜P156    
第06回 2024.07.10 09章 ゲームはプレイヤーのために作られる:P157〜P180    
第07回 2024.08.14 10章 体験はプレイヤーの脳内で起こる:P181〜P198
11章 プレイヤーの脳はモチベーションによって動かされる:P199〜P212
   
top

参考資料

読書会で紹介されたり話題になったりしたリソースを記載していきます。
top

プロフィール

主催者

高橋ミレイ(編集者・ライター)
CuePoint代表。モリカトロンAIラボ編集長。企業のオウンドメディアの運営やコンサルティングに携わりつつ、書籍・雑誌・Web媒体でテクノロジー、サイエンス、ゲーム、ビジネスなどの分野を執筆。好きなゲームのジャンルは推理アドベンチャーとRPG。
酒井泰斗(会社員/ルーマン・フォーラム管理人)
関心領域は道徳科学~社会科学の歴史。最近は 20世紀中葉のアメリカ社会諸科学における思考の道具の一つとしての「ゲーム」が気になっています。

アドバイザー

松永伸司(京都大学文学部メディア文化学専修准教授) [researchmap]
主に分析美学の道具立てで主にゲームを扱っています。
著書に『ビデオゲームの美学』慶應義塾大学出版会、2018年)、 訳書にイェスパー・ユール『ハーフリアル』(ニューゲームズオーダー、2016年)、 ネルソン・グッドマン『芸術の言語』(慶應義塾大学出版会、2017年)、 ミゲル・シカール『プレイ・マターズ』(フィルムアート社、2019年)など。
top