日曜社会学 - ルーマン・フォーラム / エスノメソドロジー番外地

Sunday sociology - Luhmann Forum / Ethnomethodology: on the edge of nowhere
2012-02-23 掲載

『社会構造とゼマンティク1』合評会

ルーマン『社会構造とゼマンティク1』 このコーナーには、2012年02月19日にキャンパスイノベーションセンター(東京)にておこなった二クラス・ルーマン『社会構造とゼマンティク1』合評会における配布資料を収録しています。
この頁には小山 裕さんの配布資料と高橋 徹さんのコメントを掲載しています。

このコーナーの収録物一覧 評者 小山 裕さん
評者 猪原 透さん
コメンテーター 高橋 徹さん(小山報告へのコメント猪原報告へのコメント

ルーマンの社会理論の批判的継承のために
小山 裕(東京大学)cymytc55[at]gmail.com

要旨
 ルーマンの『社会構造とゼマンティク』は、ゼマンティクではなく、社会構造についての研究である。即ち、ゼマンティクは、何よりもまず社会構造の転換を立証するための素材である。しかし、この史料たるゼマンティクの取り扱いを支える歴史認識は、彼の同時代の、即ち、現在から見れば一昔前の、歴史学に負うものである。それゆえ、ルーマンの社会理論を批判的に継承するためには、そこで示された命題を彼が依拠した同時代の歴史学を踏まえながら、ヨリ明瞭な仕方で理論的に定式化するというだけでは不十分であり、それ以後の歴史学の展開を視野に入れながら、その再検証を行っていく必要がある。

構成

1 はじめに

2 前提

2-1 啓蒙の二面性

  絶えざる危機        開かれた未来

2-2 啓蒙の批判的継承

  社会学的啓蒙        歴史の概念

2-3 出来事と構造

  探求課題としての構造    社会理論とゼマンティクの原像

3 解釈

3-1 社会構造

  概念史学における社会構造の概念の不在    社会構造の概念

3-2 ゼマンティク

  史料としてのゼマンティク   ゼマンティクと複雑性

3-3 機能分化

  社交圏と人間学    人間の未規定性と社交圏

4 結びに代えて

頁先頭↑

小山報告に関連するコメント
高橋 徹(札幌学院大)

頁先頭↑
頁先頭↑小山 裕さん猪原 透さん | 高橋 徹さん(小山報告へのコメント猪原報告へのコメント) |