日曜社会学 > ML四方山 > ML案内[ルーマンガーフィンケルサックス]|フォーラム 過去ログ撰
iCal: 日曜社会学>社会学的告知 「日曜社会学」のはてなブックマーク数 RSSで購読する ブックマークに追加する
|掲載開始:20030901|最終修正:20040912|
この読書会は糸冬了しました。
現在は「サックス講義録読書会」で参加者を募集しています。[2004-09-12]

【( ´∀`)みんなで】 社会学研究互助会(仮) 【(゚Д゚)またり読む】
ハロルド・ガーフィンケル&アン・ロールズ『エスノメソドロジーのプログラム』
Harold Garfinkel & Anne Rawls,
Ethnomethodology's Program: Working Out Durkheim's Aphorism
オンライン/オフライン読書会告知頁

[読書会の趣旨と運営の概略]
[参加の方法]
[会の運営について]
[ご参考1:目次]
[ご参考2:裏表紙宣伝文]エスノメソドロジー



Ethnomethodology's Program: Working Out Durkheim's Aphorism

[趣旨]

「読んでもわからない俺がイケてないのか、それとも書いた人が逝っちゃってるのか」と、読むほどに 唸らされるテクスト、ガー爺の『エスノメソドロジーのプログラム』。 ‥‥一人で読んでいてもラチが明かないと諦め──また、私のようにテクストを睨みながら唸りまくっている方が、全国通津浦々にいらっしゃるに違いないとも思い──、このたび、下記のような読書会を企画いたしました。

[方針]

各人が 頑張らなくても負担できる・片手間でも払えるコストで
互助の精神にて
“そこそこ”のリターンを目指しましょう

[運営]

上記方針を具体化するために、次の二つを組み合わせて読書会を行います:

【1】MLで訳稿作成・検討をおこなう。
訳稿を、日々独りづつ、順にMLに投稿するかたちで「購読」をおこないます。
参加者が10人なら月に2度・20人なら月に1度しかまわってこないという皮算用。
【2】定期的にオフライン検討会をもつ。
MLでの講読だけですと ついつい訳稿づくりに“専念”してしまい、なかなか「検討・討議」にまで至らないと予想されます。せっかくの「講読」が「英文解釈」で終わってはもったいない。ので、この訳稿をもとにして、「2ヶ月に一度(?)」くらいの頻度で、オフラインの検討会を持てればと思います。

[補足]

[企画者]

 企画者は、菅原謙(武蔵大学(非))と酒井泰斗(無所属)です。[この告知の文責は酒井にあります]


参加の方法

 下記フォーマットにて自己紹介を書いたメールを、 宛てにお送りください。
(0)名前(ふりがな)
(1)所属:
(2)専攻分野:[→日本社会学会専攻分野一覧(pdf) をみる?]
(3)関心領域・テーマなど:
(4)最近発表した著書・論文など:
(5)その他自己紹介:
(6)オフライン読書会への「参加/不参加」の別:

運営について

「互助会」は、次の三つで構成・運営されます。
  1. 運営ML
  2. 購読ML
  3. オフライン読書会
1)は eGroups を利用します。ここでは、分担の決定告知・オフライン読書会の日程調整・運営に関する議論などを行います。
2)は FreeML を利用します。ここでは、訳の投稿・訳へのコメント・内容に関するディスカッションなどを行います。

ご参考1:『エスノメソドロジーのプログラム』目次


ご参考2:『エスノメソドロジーのプログラム』裏表紙宣伝文

Since the 1967 publication of Studies in Ethnomethodology, Harold Garfinkel has indelibly influenced the social sciences and humanities worldwide. This new book, the long-awaited sequel to Studies, Comprises Garfinkel's work over three decades to further elaborate the study of ethnomethodology.

Working Out Durkheim's Apharism, the subtitle used for this new book, emphasizes Garfinkel's insistence that his position focuses on fundamental sociological issues and that interpretations of his position as indifferent to sociology have been misunderstandings. Durkheim's aphorism states that the conereteness of social facts is sociology's most fundamental phenomenon. Garfinkel argues that sociologists have, for a century or more, ignored this aphorism and treated social facts as theoretical or conceptual constructions. In this new book, Garfinkel shows hew and why sociology must restore Durkheim's aphorism, through an insistence on the concreteness of social facts that are produced by complex social practices enacted by participants in the social order.

Garfinkel's new book, like Studies, will stand as another landmark in sociological theory, yet it is clearer and more concrete in revealing human social practices.

Harold Garfinkel has been on the faculty of the sociology department at UCLA Since 1954. Retired in 1987, he remains active as an emeritus professor.

Anne Wafield Rawls recived degrees in philosophy and sociology from Boston University. She has worked to establish the philosophical implications of contemporary interactionist sociology and ethnomethodology.

検索エンジン・ロボット御一行さま用キーワード:
エスノメソドロジー、ハロルド・ガーフィンケル、『エスノメソドロジーのプログラム』、ワケワカラン、研究会、購読、読書会、オンライン読書会、社会的事実、社会的なもの、社会的秩序、共約不可能で非対称的に代替的、エミール・デュルケーム、デュケルム、デュルムケ
ethnomethod, ethnomethodological, ethnomethodology, Harold Garfinkel, Ethnomethodology's Program, Studies in Ethnomethodology, the formal structures of everyday activities, Two Incommensurable, Asymmetrically Alternate Technologies of Social Analysis.

↑頁先頭