socio-logic.jp - ルーマン・フォーラム / エスノメソドロジー番外地

Luhmann Forum / Ethnomethodology: on the edge of nowhere
掲載開始:021103
最終更新:021103

[0201] 検討

【原文】
Derrida himself distinguishes le sens de sens ("the meaning of meaning") and signalisation, which could mean
"making and deferring distinctions" on the one hand and "indications" on the other.
【ドイツ語版】
Derrida selber unterscheidet le sens de sens (die Bedeutung von Bedeutung) und signalisation, was einerseits >das Treffen und Verschieben von Unterscheidungen<,anderseits von >Bezeichnungen< beduten koennte.
【当初訳案】
デリダ自身は、le sens de sens(「意味の意味」)と、──一方では「区別を為し・区別を遅延する こと」また他方では「指示」{の双方とも}を意味しうる──signalisation[告知作用*]とを、区別している。
Date: Fri, 11 Oct 2002 23:16:49 +0900
From:S
Subject: [luhmann:04053] Re:[・∀・]0201
ドイツ語では、こんな風になります。
デリダ自身は、le sens de sens(「意味の意味」)とsignalisation[告知作用]とを、区別している。そのことは、一方では「区別を為すことと区別を遅延する こと」を意味し、また他方では「表示」を為すことと「表示」を遅延することを意味していると言えよう。
From: 酒井泰斗
ありがとうございました。上記訳案に沿って修正させていただきます。

【原文】
His writings are écriture in his own sense (that is, "inscriptions").l9
It remains open what they* indicate.
They have to be self-deconstructive to show how it* works.
【ドイツ語版】
Seine Schriften sind écriture in seinen eugenen Verstaendnis (also >inscriptions<).19
Was sie bezeichnen, blebt offen.
Sie muessen selbst-dekonstruktiv sein, um zeigen zu koennen, wie die Dekonstruktion funktioniert.
【当初訳】
彼の書き物は彼独自の意味においてécriture(つまり「刻銘inscriptions」)なのだ。
角田:
* 単数になっていますね。inscriptionsはちゃんと複数になっているのに。
酒井:
おかげで以下、無茶なことになってますなー↓
それらが何を指示するのかは開かれたままになっている。
それらは自己-脱構築的でなければならず、その*作動の仕方を露わにしてしまう。
角田:
it*は何を指すのか。「区別」でしょうか。或いは脱構築?
to不定詞ですが、〈結果〉ととりました。漢文で言えば、通常は訓読されない「而」。
酒井:
二文とも、they は、writings(=ecriture)=inscriptions でいいですわな。
it のほうは【ディスカッション課題行き】、ということで。
Date: Fri, 11 Oct 2002 23:16:49 +0900
From: S
Subject: [luhmann:04053] Re: [ ・∀・ ]0201
ドイツ語側では脱構築です。
それら[=彼の書き物]は、脱構築の作動の仕方を示すことができるようにするために、自己-脱構築的でなければならないというわけなのだ。
From: 酒井泰斗
ありがとうございました。このセンで修正させていただきます。

【原文】
And this is a form that exactly fits its philosophical intentions.
But this does not mean that there can be no further steps.
Derrida does his best to keep out of sight the presuppositions of using distinctions.
【ドイツ語版】
Und diese Form der Selbstdekonstruktion passt genau zu den angestrebten philosophischen Zielen.
Doch heisst das nicht, dass nicht noch weitere Schritte moeglich waeren.
Derrida tut alles, die Voraussetzunggen fuer den Gebrauch von Unterscheidungen zu verdunkeln.
【当初訳】
そして、これ(自己脱構築)はその哲学的意図に正確に適合した形式なのである。
しかしこのことは、これ以上段階=歩みがありえないことは意味していない。
デリダは区別を使用するという前提を遠ざけるべく最善を尽くしている。
酒井:
この文章はどーゆーことをいいたいのでしょうかね? ルーマンのデリダ評価に直結しそうな文章だろうと思うのですが。
Date: Fri, 11 Oct 2002 23:16:49 +0900
From: S
Subject: [luhmann:04053] Re: [ ・∀・ ]0201
ドイツ語側では、
デリダは区別を使用するための前提を見えなくするべく最善を尽くしている。

酒井:
この文章はどーゆーことをいいたいのでしょうかね? ルーマンのデリダ評価に直結しそうな文章だろうと思うのですが。

やっぱり、デリダがやっていることは理論を離れるので、ゴットハルト・ギュンターがやっていることと比べて、ルーマンには波長が合わない、ということではないかと、推測。先を読んだら、違うことになるかもしれないけれど。
From: 酒井泰斗
Sさん:
やっぱり、デリダがやっていることは理論を離れるので、ゴットハルト・ギュンターがやっていることと比べて、ルーマンには波長が合わない、ということではないかと、推測。先を読んだら、違うことになるかもしれないけれど。

問題は「区別を使用するための前提」という言葉で、ルーマンがどんなことを考えているのか、ってことなのですが‥‥それがよくわかりませんね。

【原文】
But also one can pursue the contrary objective of making the architecture of theories as clear as possible
so that an observer may decide whether to follow their* suggestions or choose at certain points an alternative path.
【ドイツ語版】
Tatsaechlich aber kann man auch den umgekhrten Weg gehen und die Theoriearchitektur so deutlich wie irgend moeglich herausarbeiten, so dass der Bobacter in die Lage versetzt wird, zu entscheiden, ob er den Anregungen der Theorie folgen order an gewissen Stellen lieber alternative Wege gehen moechte.
【当初訳案】
しかし、観察者がその*提案{示唆?}に従うのか、 それともある地点で代替経路を選ぶのか、を確定できるようにするために、 できるだけ明晰な理論のアーキテクチャーを作るという、 逆の目標を追求することも また 可能なのだ。
角田:
* their?
Date: Fri, 11 Oct 2002 23:16:49 +0900
From: S
Subject: [luhmann:04053] Re: [ ・∀・ ]0201
ここのところ、ドイツ語側では、「理論」になっています。
しかし、観察者がその理論からの刺激に従うのか、それともある地点で代替経路を選ぶことを望むのか、を決定できるようにするために、できるだけ明晰なその理論のアーキテクチャーを作るという、逆の道を行くことも また 実は*可能なのだ。
* デリダはやってないが、というニュアンスで揶揄?
From: 酒井泰斗
「提案」と「刺激」では、日本語だとずいぶん印象が異なりますが、Anregung には、どっちの意味もあるんですねぇ。しかも、辞書をみると 「英 stimulus」って書いてある。「ルーマン理論」に“従えば”、「stimulus」的語義を採用してもいいような気はしますが、suggestionsと 書いているのもルーマン自身だという罠。
迷うところですが、ひらたく穏当そうな「きっかけ」を頂いときましょうか。
++++
『クラウン独和』http://www.sanseido.net
 Anregung [nre] 〈女〉~/~en (英 stimulus)
 [1] zu et3 (〈何3〉への)きっかけ, 刺激; 提案.
 ―die ~ zu einem Projekt ある企画のきっかけ.
 auf ~ von j3〈人3〉の提案によって.
 sich3 wertvolle Anregungen holen 貴重な刺激を得る.

[0201]検討その1[0201]本文にもどる